訳すのは「私」ブログ

書いたもの、訳したもの、いただいたものなど(ときどき記事)

高橋知之『ロシア近代文学の青春――反省と直接性のあいだで』東京大学出版会

高橋知之さんより、ご著書をご恵投いただきました。 高橋さん、出版おめでとうございます。そしてありがとうございました。 このような大著を年少の研究者からいただいてしまい、責任を感じています。 高橋知之『ロシア近代文学の青春――反省と直接性のあいだ…

アンソロジーのなかのナボコフ⑭Michael Lipton, R.C.O. Matthews, John M. Rice, Chess Problems: Introduction to an Art, New York: Citadel Press, 1965.

こちらも久しぶりになってしまったシリーズですが、今回はこちら。 Michael Lipton, R.C.O. Matthews, John M. Rice, Chess Problems: Introduction to an Art, New York: Citadel Press, 1965. チェスプロブレムの入門書です。 収録されているナボコフのプ…

Nabokov@New York City19, Hotel Chelsea

久々のシリーズ更新になります。今回はホテル・チェルシーです。 住所は222 W 23rd Stです。 アーサー・C・クラークが『2001年宇宙の旅』を書くなど、 文学者が多く滞在したホテル。 訪れたときには回送中で中には入れませんでしたが、入り口には滞在した文…

書いた書評まとめ(2018年後半)

時事通信社をつうじて配信した書評をまとめておきます。 ベン・ブラット『数字が明かす小説の秘密――スティーヴン・キング、J・K・ローリングからナボコフまで』坪野圭介訳、DU BOOKS、2018年。 『北日本新聞』二〇一八年八月一二日ほか (ここの版元は相当い…

中村ともえ『谷崎潤一郎論――近代小説の条件』青簡社、2019年

中村ともえさんからご著書をお送りいただきました。 中村ともえ『谷崎潤一郎論――近代小説の条件』青簡社、2019年 以下に目次をあげさせていただきます。 凡例 はじめに 序章 小説に筋をもたらすこと――『刺青』から『蓼喰ふ虫』まで 第一部 芸術の中の小説 「…

カメル・ダーウド『もうひとつの『異邦人』――ムルソー再捜査』鵜戸聡訳、水声社

また鵜戸さんからいただきました。どうもありがとうございます。 カメル・ダーウド『もうひとつの『異邦人』――ムルソー再捜査』鵜戸聡訳、水声社 カミュ『異邦人』を殺されたアラブ人の側から語りなおすという本書は、(すでに刊行以降、日本でも書評がいく…

庄司宏子編著『国民国家と文学――植民地主義からグローバリゼーションまで』

庄司宏子編著『国民国家と文学――植民地主義からグローバリゼーションまで』(作品社)を鵜戸聡さんにご恵投いただきました。どうもありがとうございます。 庄司宏子「国民国家と文学 」 鵜戸聡「「アルジェリア人」とは誰か?」 溝口昭子「国民国家を希求す…

アンソロジーのなかのナボコフ⑬ The Modern Image: Outstanding Stories from the Hudson Review, New York : Norton, 1965.

ひさしぶりになった「アンソロジーのなかのナボコフ」ですが、 今回はThe Modern Image: Outstanding Stories from the Hudson Review(1965)をご紹介します。 Frederick Morgan ed., The Modern Image: Outstanding Stories from the Hudson Review. intro…

藤野功一編著『アメリカン・モダニズムと大衆文学』金星堂

千代田夏夫先生から共著書、 藤野功一編著『アメリカン・モダニズムと大衆文学』(金星堂)をご恵投賜りました。誠にありがとうございます。 藤野功一 序――アメリカン・モダニズムと大衆文学のつながり 1−26 早瀬博範 ガートルード・スタインとセレブリテ…

2019年度 ナボコフ協会大会のおしらせ

2019年度の大会は5月11日(土)、早稲田大学文学学術院(戸山キャンパス)33号館3階第1会議室にて行われます。 今回は報告と、20周年の記念シンポジウムです。 私は残念ながら参加できませんが・・・・・・ くわしくは以下をご覧ください。 vnjapan.org

日本人はナボコフをどう読んできたか――『ロリータ』を中心に

拙論が掲載されました。 「日本人はナボコフをどう読んできたか――『ロリータ』を中心に」『言語文化』36号、2019年、3-22頁。 拙著『アメリカのナボコフ――塗りかえられた自画像』(慶應義塾大学出版会)の第五章で論じたナボコフの日本での受容を、もう一度…

小澤裕之『理知のむこう ダニイル・ハルムスの手法と詩学』 未知谷

小澤裕之さんにご著書『理知のむこう ダニイル・ハルムスの手法と詩学』 をいただきました。どうもありがとうございました。 ハルムスの活動を意味をこえた「ザーウミ」として同時代の文学運動のなかでとらえなおすもので、勉強になりました。 ぱっとみでは…

フィリップ・アモン『イマジュリーーー19世紀における文学とイメージ』

福田さんにご恵投賜りました。どうもありがとうございます。 フィリップ・アモン『イマジュリーーー19世紀における文学とイメージ』中井敦子・福田美雪・野村正人・吉田典子訳、水声社。 四章の以下の一節に、はっとさせられました。 だから文学はポスターと…

マシュー・レイノルズ『翻訳――訳すことのストラテジー』書評まとめ

このエントリにマシュー・レイノルズ『翻訳――訳すことのストラテジー』の書評をまとめておきます。 書評をくださったみなさま、どうもありがとうございました。 鴻巣友季子 鴻巣友季子さん『毎日新聞』2019年3月17日 「政治力学にも切りこむ」 mainichi.jp

マシュー・レイノルズ『翻訳――訳すことのストラテジー』ソクラテスによる紹介

書籍紹介サイト「ソクラテス」でレイノルズ『翻訳――訳すことのストラテジー』が紹介されました。 「グーグル翻訳があれば外国語学習はもう必要ない?」という刺激的な見出しで 本書の一部を紹介していただいています。 よろしければご覧ください。 socrates.…

巽由樹子『ツァーリと大衆――近代ロシアの読書の社会学』東京大学出版会

巽由樹子先生からご恵投賜りました。ありがとうございます。 巽由樹子『ツァーリと大衆――近代ロシアの読書の社会学』東京大学出版会 最近読書史や文化史に興味をもっていることもあってか、たいへん面白く読みました。 革命前ロシアでインテリゲンツィアとも…

マシュー・レイノルズ『翻訳――訳すことのストラテジー』冒頭試し読み公開

マシュー・レイノルズ『翻訳――訳すことのストラテジー』の冒頭四ページを試し読みできるページをつくってもらいました。 版元のページより、試し読みできます。 www.hakusuisha.co.jp 直リンクはこちら。 https://www.hakusuisha.co.jp/files/sample/09685a.…

今野喜和人編『翻訳とアダプテーションの倫理――ジャンルとメディアを越えて』(春風社)

今野喜和人編『翻訳とアダプテーションの倫理――ジャンルとメディアを越えて』(春風社) 中村ともえ先生より賜りました。どうもありがとうございます。 目次|contents はじめに 第一部 翻訳の倫理 第一章 馴化された翻訳と澁澤龍彦―法律、政治と文学【ステ…

マシュー・レイノルズ『翻訳――訳すことのストラテジー』目次公開

先日刊行されたマシュー・レイノルズ『翻訳――訳すことのストラテジー』の目次を公開いたします。 [目次]訳者まえがきi交わる言語翻訳ってなんだろう/言語と言語のあいだの中立地帯(ノーマンズランド)/外交翻訳/クラウド翻訳/数えてみましょうii定義…

マシュー・レイノルズ『翻訳――訳すことのストラテジー』白水社

マシュー・レイノルズ『翻訳――訳すことのストラテジー』(白水社)が、刊行になりました。 翻訳について考える上で、さまざまなヒントが詰まっている本です。 よろしくお願いいたします。 「翻訳」という事象の広がりへ最新の翻訳研究(トランスレーション・…

倉橋洋子・髙尾直知・竹野富美子・城戸光世編著『繋がりの詩学――近代アメリカの知的独立と〈知のコミュニティ〉の形成』彩流社

貞廣真紀先生からご恵投賜りました。 倉橋洋子・髙尾直知・竹野富美子・城戸光世編著『繋がりの詩学――近代アメリカの知的独立と〈知のコミュニティ〉の形成』彩流社 早速、古屋耕平「想像の世界文学共同体──マーガレット・フラーの『ゲーテとの対話』翻訳」…

マシュー・レイノルズ『翻訳――訳すことのストラテジー』正誤表

※この日の日記にマシュー・レイノルズ『翻訳――訳すことのストラテジー』に誤字・誤植・誤訳など見つかり次第アップしていく予定です。 ・74頁4行目 ドロシー・S・セイヤーズ→ドロシー・L・セイヤーズ 5行目 セイヤー→セイヤーズ ・183頁 注1→トル ・索引 …

マシュー・レイノルズ『翻訳――訳すことのストラテジー』見本出来

白水社より、翻訳した本が3月1日に出ます。 マシュー・レイノルズ『翻訳――訳すことのストラテジー』白水社 また内容など紹介します。よろしくお願いいたします。 www.hakusuisha.co.jp

第2回村上春樹研究セミナー 「言語と文化とメディアを超えて」@京都大学

もう一件告知させていただきます。 4月20日(土)、京都大学でおこなわれます「第2回村上春樹研究セミナー」にお招きいただき、インタヴューしていただけることになりました。ありがとうございます。 第2回村上春樹研究セミナー 「言語と文化とメディアを超え…

エミリー・アプター『翻訳地帯』合評会@津田塾大学

エミリー・アプター『翻訳地帯――新しい人文学の批評パラダイムにむけて』(慶應義塾大学出版会,2018)の合評会を開催していただけることになりました。 津田塾大学言語文化研究所「世界文学の可能性」プロジェクト主催 エミリー・アプター『翻訳地帯』合評…

頭木弘樹編『トラウマ文学館――ひどすぎるけど無視できない12の物語』ちくま文庫

頭木弘樹編『トラウマ文学館――ひどすぎるけど無視できない12の物語』(ちくま文庫)で、二編翻訳をさせていただきました。 以下が収録作品のラインアップです。 直野祥子「はじめての家族旅行」 原民喜「気絶人形」 李清俊「テレビの受信料とパンツ」 フィリ…

頭木弘樹編『絶望書店――夢をあきらめた9人が出会った物語』河出書房新社

頭木弘樹さん編『絶望書店――夢をあきらめた9人が出会った物語』(河出書房新社)に、作品を推薦しました。 この本は一風かわったアンソロジーで、「夢のあきらめ方」をテーマにした作品ばかり集めています。 それぞれ推薦者がいて、世界各地のいろいろな作品…

コメントしました。

ノーベル文学賞に関連して、時事通信社とNHKにコメントを出しました。 (NHKのほうはすでになかったです) www.jiji.com 時事通信社の方は年明け後もう一件ほど出しましたが、ネットでは出てきませんでした。

2019年展望

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 2019年の刊行予定をアップしておきます。 ・(翻訳)マシュー・レイノルズ『翻訳――訳すことのストラテジー』(白水社)2月末 OUPのa very short introductionシリーズの一冊です。翻訳…

2018年回顧

2018年も終わりですね。今年は昨年力をためた分の成果をいくつか出すことができました。 自分の仕事で印象深かったものを三つ、あげておきます。 1 (単著)『アメリカのナボコフ――塗りかえられた自画像』(慶應義塾大学出版会) 七年越し、二冊目の単著を出…