読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

訳すのは「私」ブログ

書いたもの、訳したもの、いただいたものなど(ときどき記事)

Nabokov@Cambridge5: 35 Brewster Street, 1737 Cambridge Street, Feb. - Apr. 1953

アメリカ ナボコフ ケンブリッジ・ボストン

1953年の2月1日、ナボコフ夫妻は『エヴゲーニイ・オネーギン』の訳注の作業のため、ケンブリッジを再訪します。


最初、友人を介して紹介されたのが35 Brewster Streetにあった家でした。

On Feburary 1 the Nabokovs arrived at 35 Brewster Street, Cambridge, which they had taken until April. The house, obtained once again through their friend Sylvia Berkman, belonged to her friend the poet Robert Frost, absent for his customary writer sojourn in Florida. Stone-cold inside, the place was at once rechristened the Jack Frost House by its new tenants. Frost had locked up his study, and the Nabokovs felt disconcerted and made unwelcome by that barricaded den in the middle of the house, They did not stay long. AY 222


ここも前回滞在時と同じく、家主は文士でした。詩人ロバート・フロスト(1874-1963)の家だったのです。

フロストに関しては説明は不要かと。冬の間、フロストがフロリダに避寒しているあいだの家を借りたのです。


Parini Jayの伝記によれば、この家にフロストが移ってきたのは1941年。"a substantial double house on three floors"だったといいます。

In March 1941, Frost moved into a newly purchased residence--35 Brewster Street, Cambridge. This would be his permanent address in Boston area from now on. It was a substantial double house on three floors in what was known as Brewster Village. 333

Robert Frost: A Life

Robert Frost: A Life

Jeffrey Meyersの伝記では次のような描写になっています。

In the spring of 1991 Frost, then teaching at Harvard, bought with Kay's help his last permanent home, at 35 Brewster Street in Cambridge. The three-story residence had shattered windows, peaked gables and a steep-pitched roof, with steps leading up to a covered front porch and a double front door. The quiet house usually ten minutes' walk from Harvard Square. 238-239.

Robert Frost: A Biography

Robert Frost: A Biography


とにかく、ナボコフ一家はフロストの家で"Stopping By Woods on a Snowy Evening"のような気分を味わったと。


35 Brewster Streetはやはりキャンパスから西にかなり歩いた場所にありました。同じような家が二軒並び、それぞれに二戸ずつ入っているようです。

たしかに、3階建てで窓の鎧戸と破風が特徴的なデザインですね。

さすがフロスト。家には詩人が最後の20年を過ごしたことを示すプレートが付けられていました。ちなみに、この青いプレートは歴史的な出来事があった建物につけられ、ケンブリッジの街のいろいろな場所で見つけることができます。


ナボコフ夫妻にとっては耐えきれないほど寒かったらしいですが、今はどうなんでしょうか。



フロストの家が気に入らなかったナボコフ夫妻が移ったのが1737 Cambridge Streetにあったthe Ambassador Hotelです。ナボコフはキャンパスで近い便利なこのホテルが気に入り、二ヶ月滞在したそうです。

By mid-February they had moved to a hotel apartment right on campus, the Ambassador Hotel (now Coolidge Hall), 1737 Cambridge Street, Suite 617. The new quarters suited them ideally for two months of intensive work: only five minutes' walk to the Widner Library, and no housekeeping duties so that Vera remained free to act as research and transcriber of all the materials her husband tracked down. AY 222


ちなみに、ボイドの伝記(1991年刊)によればここは現在Coolidge Hallになっているのだとか。ただ、実際に1737 Cambridge Streetに行ってみるとthe Ambassador HotelもCoolidge Hallもありません。現在、ここにはKnafel buildingというハーヴァード大学の関連施設がたてられてしまっています。

Knafel buildingはCambridge Stをはさんで建物正面のディヴィス・センターと一対といった感じで、いくつかの研究室と関連図書室などが入っているようです。いかにも最近建築されたようなモダンな建物で、別角度からとるとこんな感じです。

いつ建て替えられたのか、ハーヴァードのライブラリアンに問い合わせてみました。ハーヴァードの歴史についてのスペシャリストの回答によると、1737 Cambridge Streetの変遷は

Ambassador Apartments/Hotel (1935)
→Coolidge Hall (1974)
→Knafel Building (2005)


ということのようです。

ちなみに、このホテルに滞在中に、メイ・サートンが飼い猫のトムスキーことトム・ジョーンズを連れて訪れてくれたようです。感動的な再会、になるはずがトム・ジョーンズはソファの下に隠れて出てこなかったとか。


上が今回の関連地図です。1が35 Brewster Street、2が1737 Cambridge Street、3がワイドナー図書館です。35 Brewsterもハーヴァード・スクエアまで徒歩10分ではつかない気がします。