読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

訳すのは「私」ブログ

書いたもの、訳したもの、いただいたものなど(ときどき記事)

IWLに参加しよう 4 セミナー

IWLのセミナーについてもう少しくわしく説明しておくと、
今年は以下のような題目のセミナーがひらかれました。


June 24-July 5


Susan Bassnett, “World Literature and Translation Studies”
Helena Buescu, “Doing Things in World Literature”
David Damrosch, “Grounds for Comparison”
Theo D’haen, “World Authors/World Literature”
Djelal Kadir, “When Literature Meets the World”
Nirvana Tanoukhi, “The Scale of World Literature”
Lawrence Venuti, “Translation Theory and Practice”


July 8-18


David Damrosch, “Grounds for Comparison”
Theo D’haen, “World Authors/World Literature”
Wai Chee Dimock, “Recycling the Epic”
Djelal Kadir, “When Literature Meets the World”
Stephen Owen, “The Problem of the Premodern”
Mads Thomsen, “Enchantment, Authenticity, and World Literature”
Karen Thornber, “World Literature and Environmental Crises”


セミナーは基本的に月曜日から木曜日、午後2時から4時が二週間でワンセットです
(ただし7月4日は独立記念日なので5日にずれる)。
それを2セット選択するという形になります。


そのほかにもAffinity groupのミーティングや、
授業の後にレクチャーやパネルがひっきりなしにひらかれるので、この期間はとても忙しいです。



The Translator's Invisibility: A History of Translation

The Translator's Invisibility: A History of Translation


[asin:B00BGAVU3O:detail]


だいたいこんな感じの部屋でセミナーはやってました(許諾を得てないので小さめで)。