読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

訳すのは「私」ブログ

書いたもの、訳したもの、いただいたものなど(ときどき記事)

ナボコフの値段⑥:レア本編④

つづきです。

 

前回紹介したタヤンのオークションは、ナボコフ関係の二回目にして最後の大規模 オークションとうたわれていました。

 

しかし、その6年後、2011年6月13日に、クリスティーズの "Fine Printed Books and Manuscripts"でナボコフ関係の大量出品がおこなわれました。

 

f:id:yakusunohawatashi:20160806155402j:plain

 

これももちろん、息子ドミトリイが出品したものでした。

わずか6年間ですが、ずいぶん「お買い得」な印象。

一番高額な署名贈呈本で『ナボコフの塊』の3800~5300ドルです。

 

ほかにもたとえば、

 

f:id:yakusunohawatashi:20110630124920j:plain

 

前回も紹介した『キング、クイーン、ジャック』英訳版の献辞付き初版本ですが、今回も出品されています。

ホロヴィツのカタログで22500ドル、タハンで25000~30000ユーロだったのが、3100~4500ドルになっています。

 

f:id:yakusunohawatashi:20160730025102j:plain

 

 

上の絵がついたナボコフの『賜物』英語版初版の署名入り献本は、

1999年のホロヴィッツだと40000ドルですが、2005年のオークションだと25000~30000ユーロになっていたのが、2011年のクリスティーズでは、3100~4500ドルに!

 

 つまり、このオークションはドミトリイによる「在庫一掃セール」だったようなのです。

 

それは出展されたほかの商品を見るとよくわかります。(つづく)