読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

訳すのは「私」ブログ

書いたもの、訳したもの、いただいたものなど(ときどき記事)

Nabokov@New York City10 304 West 75 Street

新しくわかったNYCでの滞在先を記しておきます。

 

亡命ロシア人で、編集者・ビジネスマンのロマン・グリンベルグのアパートにたびたび滞在していたようです。名前からしてユダヤ系でしょうね。

 

 ロマン・グリンベルグ(1893-1970)がナボコフと知り合ったのは1939年にパリで、英語の家庭教師の生徒としてでした。

 

その後も二人ともアメリカに渡ったこともあって交友はつづき、エドマンド・ウィルソンが共通の友達になったこともあって、グリンベルグのアパートでディナーをとることもあったようです。

 

グリンベルグは"Opyty" や "Vozdushnye Puti"といった雑誌のエディターでもあり、ナボコフは記事を投稿したこともありました。そういったこともあり、良好な関係が比較的長く続いたようです。

 

 コロンビアのバフメチェフにも書簡が収蔵されています。

 

ナボコフがグリンベルグのアパートに泊めてもらったのは、わかっている限り

 

・1945年2月 ごろ

・1952年12月22日ごろ

 

のようです。

 

肝心の場所ですが、304 West 75 Streetにあったようです。

 

f:id:yakusunohawatashi:20161025133553p:plain

 

 地図でわかるように、AMNHのすぐそばです。ナボコフが滞在したのは、その辺の利便性もあったのかもしれません。

 

 

f:id:yakusunohawatashi:20161023080026j:plain

 

現在の外観はこんな感じのアパートになっています。