読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

訳すのは「私」ブログ

書いたもの、訳したもの、いただいたものなど(ときどき記事)

ナボコフとエリオット――「ゲーム」から「モラル」へ、「歴史」から「伝記」へ

論文が刊行されました。

ナボコフとエリオット――「ゲーム」から「モラル」へ、「歴史」から「伝記」へ」『T.S. Eliot Review』27号、2016年、52-68頁。

 

 去年の11月に、日本T.S.エリオット協会で発表させていただいたことをまとめたものです。

 

yakusunohawatashi.hatenablog.com

もう一年たつわけですね。早い。

 

内容はタイトルの通りのものですが、ナボコフがヒュー・ケナーの『パウンドの時代』に記したパウンドを揶揄した小詩などを引用しておきました。

 

以下にいただいた寄稿誌の目次を貼っておきます(タイプする余力がないので、写真で)。

f:id:yakusunohawatashi:20161105073044j:plain

 

 

 

f:id:yakusunohawatashi:20161105073119j:plain