訳すのは「私」ブログ

書いたもの、訳したもの、いただいたものなど(ときどき記事)

『「世界文学」はつくられる――1827-2020』正誤表

『「世界文学」はつくられる――1827-2020』の正誤表です。

 

V頁 12 精読と「意気な女」→13 精読と「意気な女」 

29頁 それは一九二一年のワイマールでは → それは一八二一年のワイマールでは

33頁 同じような→同じやうな 

殆ど→殆んど

80頁 翻訳文芸→飜訳文学

思はれていた→思はれてゐた

明治の昔のこと→明治の昔の事

洋食も翻訳も→洋食も飜訳も

紅葉露伴を読まない者はあっても→紅葉・露伴を読まない者があっても

ジヤンバルジヤン→ジャンバルジャン

知らない者は、子供→知らない者は子供

ゐないはずだ→ゐない筈だ

85頁 無垢なるいかさま医師→無邪気を装った山師

101頁 矢口信也→矢口進也

104、115頁 芽盾→茅盾

118頁 享楽するもの→享楽する者

 世界に於ける→世界に於ける文化的レベルを表示する

120頁 『世界少年少女文学全集』全六十八巻(一九五四―一九五六)→『世界少年少女文学全集』全五十巻(一九五三―一九五六)

『少年少女世界文学全集』全五十巻(一九五九―一九六二)→『少年少女世界文学全集』全五十巻(一九五八―一九六二)

121頁 文学と言へば→文学といへば

堕落を誘うものの→堕落に誘うもの

シエクスピア→シエクスピヤ

ぐらゐ一通り読んで心の修養をする→くらゐ一通り読んで、心の修養とする

139頁 注(23)佐々木甚一→佐々木基一

(26)住来社→政界往来社

141頁 注(50)ブルウスト→プルウスト

157頁 ブドブルグ→ブドベルグ

178頁 注18 [ニーナ・ベルベーロワ『鉄の女――サー・ロッカート、ゴーリキイ、H・G・ウェルズの愛人の生涯』工藤精一郎訳、一九八七年、中央公論社、一四九頁。引用部は英訳より作成した。]

216-217頁 索引9頁 ユバン→ユヴァン

227頁 ことにつかいも→ためにつかいも

249、250頁 索引6頁 レフ・エイデン→レフ・エイドリン

257頁 出現したことは。これは中世の多くの→出現したことは、これは中世の多くの

263頁 注41 『世界文学詩史』→『世界文学史

294頁 一九七九年に刊行された『ノートンアメリカ文学アンソロジー』では不十分とはいえ大きな改革がなされたにもかかわらず→一九七九年に刊行が開始された『ノートンアメリカ文学アンソロジー』では八〇年代に大きな改革に着手したにもかかわらず

326頁 モレッティ『世界文学への試論』→モレッティ「世界文学への試論」

索引 

14頁 ブドブルグ→ブドベルグ

15頁 芽盾→茅盾

16頁 矢口信也→矢口進也

※随時追加します。