訳すのは「私」ブログ

書いたもの、訳したもの、いただいたものなど(ときどき記事)

2022年展望

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

昨年のふりかえりは昨日のエントリを見てください。

 

 2022年の刊行予定をアップしておきます。

 

・(翻訳)ウラジーミル・ナボコフ『ヴェーラへの手紙』(白水社)年内

 

ナボコフが妻ヴェーラにあてた五十年分の、三百通以上の手紙。完訳になります。

手元の訳稿1400枚超。今年こそは出ると思います。

 

・(共訳)ローレンス・ヴェヌティ『翻訳のスキャンダル(仮)』(フィルムアート社)

 

翻訳研究の第一人者ヴェヌティの待望の邦訳です。もはや古典です。

 

・(共編・共訳)『???』(作品社)年末~来年

これも昨年からの持ち越し。ナボコフ関連とだけ。オリジナル編集の、かなり変わった本・アンソロジーになりそうです。

 

2022年は、このあたりが出ていくはずです。よろしくお願いいたします。