読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

訳すのは「私」ブログ

書いたもの、訳したもの、いただいたものなど(ときどき記事)

IWLに参加しよう 7 パネルセッション

IWLではレクチャーだけでなく、パネルも開催されます。


今回のパネルはこちら。

Panel sessions


June 28: Debating World Literature: Djelal Kadir (ch), Nirvana Tanoukhi, Lawrence Venuti; Emily Apter, respondent


July 2: Program Design: Helena Buescu (ch), David Damrosch, Dianna Niebylski, Glenn Odom, John Pedro Schwartz


July 10: Pedagogy: Stephen Owen (ch), Susan Gorman, Linn Cary Mehta, Mads Rosendahl Thomsen, Charles Wesley


July 15: Publishing: Theo D’haen (ch), Ellen Elias-Bursac, Maria José Sanchez Montes, Karen Thornber, Zhang Feilong


July 16: Jobs: Karen Thornber (ch), David Damrosch, Djelal Kadir,
Marie-Christine Leps, Sarah Townsend


July 18: Closing panel: IWL 2013 and Beyond

7月28日のパネルはヴェヌティが、最近出版された新著についてアプターをま正面から批判したり。


おもしろいのは出版や就職についてのパネルがあること。


どうやって本をだし、就職するのかを講師陣が熱く語ってくれます。


Against World Literature: On the Politics of Untranslatability

Against World Literature: On the Politics of Untranslatability