訳すのは「私」ブログ

書いたもの、訳したもの、いただいたものなど(ときどき記事)

日本比較文学会東北支部編『問題としての「アメリカ」――比較文学・比較文化の視点から』晃洋書房

高橋由貴先生からご恵投賜りました。どうもありがとうございます。

日本比較文学会東北支部編『問題としての「アメリカ」――比較文学比較文化の視点から』晃洋書房

 

国も個人も時代も、影響を受けずにはいられない存在、アメリカ。近代日本文学・文化の領域に現れた「アメリカ」の姿を様々な主題に沿って検討し、知識人や大衆の間の「アメリカ言説」の展開を日本以外の事例も含めて考察する。

 

川端、三島、村上春樹、ブロツキーや「386 世代」の韓国映画監督たち。占領、東西対立、大衆文化の展開など、多様なトピックをめぐって近代日本、そして世界に展開した「言説としてのアメリカ」の内実を、比較文学および比較文化論的な分析によって明らかにする論集。

 

 

 

はじめに      森田直子


第Ⅰ部 日本文化における「アメリカ」

 

第1章 川端康成伊豆の踊子』とThe Izu Dancer――アメリカ冷戦期文化政策と翻訳された自然――

江口真規
第2章 民主主義とエマソン――高木八尺におけるアメリカ言説のアイロニー――

小林竜一
 
第3章 大衆社会の「美」に逆らうもの─―三島由紀夫の批評的創造――

山﨑義光

 

第4章 村上春樹の『地獄の黙示録』受容とヴェトナム戦争――エッセイ『同時代としてのアメリカ』から小説「午後の最後の芝生」へ――

高橋由貴


第5章 ふたつの名前を持つ映画について――谷崎潤一郎「人面疽」論――

森岡卓司

 

第6章 「アメリカ」を書き直す――川端康成の1930年前後をめぐって――

仁平政人
 
第Ⅱ部 アメリカ言説の諸相

 

第7章 親愛なるアメリカの不在――ロシア語亡命詩人ブロツキーの詩学・世界図――

中村唯史

 

第8章 ポストコロニアルアメリカ表象へ――韓国における〈戦後〉のアメリカ表象をめぐって――

佐野正人

 

第9章 ゾンビ――アポカリプス的世界観から生み出される未来への希望――

梁 姫淑

 

第10章 司馬遼太郎が見たアメリカ――比較文化心理学・文化心理学・異文化マネジメントの観点から――

金子 淳

 

第11章 江藤淳の〈反米〉と「私」――『アメリカと私』再読――

塩谷昌弘

 

第12章 反米主義――「感情のうねり」をめぐる私考――

伊藤 豊
 
あとがき ――「アメリカ」という問題群――

伊藤 豊・森岡卓司

 

 

 

 

頭木弘樹『食べることと出すこと』医学書院

頭木弘樹さんからご著書を恵投いただきました。

 

頭木弘樹『食べることと出すこと』医学書

 

出版社の紹介から引用します。

「食べて出すだけ」の人生は……なんて素晴らしいのだろう!

「飢えから、栄養不足による飢えを引いたもの」を体験した人はあまりいない。
点滴によって栄養は足りているのに、「喉」は何かを飲み込みたいと言い、「顎」は犬のように骨の形をしたガムを噛みたいと叫び、「舌」はとにかく味のするものを! と懇願してくるのだと著者はいう。
こうして、食べて出すことがうまくできないと、日常は経験したことのない戦いの場となる。

絶食後に始めて口に入れたヨーグルトが爆発するとは?
茫然と便の海に立っているときに看護師から雑巾を手渡されたときの気分は?
便が心配でひきこもり生活が続いた後、外を歩くと風景が後ろに流れていくとは?

食べて出すだけの日常とは、何かを為すためのスタート地点ではなく、偉大な成果であることが心底わかる傑作。
切実さの狭間に漂う不思議なユーモアが、何が「ケア」なのかを教えてくれる。

しかしこのような大病がなければ「文学紹介者」としての著者の現在はなかったかもしれない(いや、百パーセントなかった)と考えるとなんとも不思議なものです。

頭木さん、どうもありがとうございました。

 

 

書評まとめ

書評を書かせていただく機会が増えてきたこともあり、

一度いままで書いたものをこのエントリにまとめておきます(随時追加します)。

 

 

David Damrosch, What Is World Literature? Princeton, New Jersey, Princeton UP, 2003, 324pp+xiii」『Slavistika』(21/22)、2006年、143-146頁。

 

 

 

 

 

Catriona Kelly Russian Literature: A Very Short Introduction. Oxford: Oxford UP, 2001, 184 pages; 20 halftones & 2 maps; 4-1/2 x 7」『Slavistik』 (23)、2007年、237-240頁。

 

 

 

河野至恩著 『世界の読者に伝えるということ』:(講談社現代新書、二〇一四年)」『比較文学』57、2014年、172-173頁。

 

 

 

郭南燕著『志賀直哉で「世界文学」を読み解く』:(作品社、二〇一六年)」『比較文学』59、2017年、213-215頁。

 

 

 

「既成概念の枠を広げ新しい読者層を開拓する野心的な試み ナボコフ・コレクション全五冊(新潮社)」『週刊読書人』2017年12月8日。

 

 

 

「Duncan White, Nabokov and His Books: Between Late Modernism and the Literary Marketplace, Oxford: Oxford University Press, 2017. 234 pp.」『KRUG(New Series)』11、2018年、84-87頁。

 

 

 

「想像力という病――『われら』/エヴゲーニイ・ザミャーチン著、小笠原豊樹訳(集英社文庫)」『青春と読書』2018年2月号、65頁。

 

 

 

「ジョン・ネイスン『ニッポン放浪記――ジョン・ネイスン回想録』前澤浩子訳、岩波書店」『河北新報』2018年1月21日号ほか。

 

 

 

「ベン・ブラット『数字が明かす小説の秘密――スティーヴン・キングJ・K・ローリングからナボコフまで』坪野圭介訳、DU BOOKS」『北日本新聞』2018年8月12日ほか。

 

 

 

「橋本陽介『ノーベル文学賞を読む――ガルシア=マルケスからカズオ・イシグロまで』角川選書」『琉球新聞』2018年10月14日ほか。

 

 

 

鴻巣友季子『謎とき「風と共に去りぬ」――矛盾と葛藤にみちた世界文学』新潮選書」『静岡新聞』 2019年5月26日ほか。

 

 

 

「[現代×文芸 名著60]宮本輝『骸骨ビルの庭 上・下』講談社文庫」『読売新聞』2019年5月9日。

 

 

 

 

 

「[現代×文芸 名著60]長嶋有ジャージの二人集英社文庫」『読売新聞』2019年6月27日。

 

 

 

「[現代×文芸 名著60]町田康夫婦茶碗新潮文庫」『読売新聞』2019年8月20日

 

 

 

「[現代×文芸 名著60]筒井康隆朝のガスパール新潮文庫ほか」『読売新聞』2019年10月22日。

 

 

 

「[現代×文芸 名著60]古川日出夫『女たち三百人の裏切りの書』新潮社『読売新聞』2019年12月22日。

 

 

 

ノラ・イクステナ『ソビエト・ミルクーーラトヴィア母娘の記憶』黒沢歩訳、新評論」『日本経済新聞』2019年12月7日。

 

 

 

モーシン・ハミッド『西への出口』藤井光訳、新潮クレストブックス」『日本経済新聞』2020年2月15日。

 

 

 

コーリー・スタンパー『ウェブスター辞書あるいは英語をめぐる冒険』鴻巣友季子・竹内要江・木下眞穂・ラッシャー貴子・手嶋由美子・井口富美子訳、左右社」『日本経済新聞』2020年5月23日。

 

 

 

「「学問としての翻訳」を日本に探り出そうとする試み 佐藤=ロスベアグ・ナナ『学問としての翻訳』みすず書房」『図書新聞』3454号、2020年7月4日。

 

 

 

 「[村上春樹『一人称単数』どう読む]「自伝的長編の「予告」?」」『読売新聞』2020年8月1日夕刊。

 

 

  

「村上春樹『一人称単数』どう読む」『読売新聞』2020年8月1日夕刊

本日の『読売新聞』夕刊に「村上春樹『一人称単数』どう読む」というお題で

文章を寄稿させていただきました(800字)。

 

よろしければご覧ください。

 

 

 

ソ連より愛をこめて――冷戦期日本における文化交流とソフトパワー

論文を寄稿しました。

ソ連より愛をこめて――冷戦期日本における文化交流とソフトパワー」『れにくさ』10巻1号、28 - 41頁、2020年4月

 

今回の『れにくさ』は沼野充義退職記念号で、二巻本です。

 

f:id:yakusunohawatashi:20200728045241j:plain

 

f:id:yakusunohawatashi:20200728045106j:plain

私の論文はこんな感じです。

 

f:id:yakusunohawatashi:20200728045203j:plain

 

いずれ電子化されて誰でも見れるようになると思います。

 

私の論文は『「世界文学」はつくられる』(東京大学出版会)のスピンオフ的な内容です。論文のタイトルの「愛」は、『「世界文学」はつくられる』第2部第2章第12節の「この世でもっとも美しい愛の物語」の「愛」と同じものです。半世紀前にはこの「愛」を、世界の何億人もの人々が信じていたのです。

 

 

『「世界文学」はつくられる――1827-2020』(東京大学出版会)

著書『「世界文学」はつくられる――1827-2020』(東京大学出版会)が刊行されました。

 

www.utp.or.jp

日本の「世界文学全集」から・・・

 

f:id:yakusunohawatashi:20200709110039j:plain

 

アメリカの大学で使用されている最新の「世界文学アンソロジー」から…

 

f:id:yakusunohawatashi:20200709110147j:plain

 

百年前、ソヴィエト・ロシアで刊行されていた「世界文学カタログ」から…

 

f:id:yakusunohawatashi:20200709110116j:plain

 

f:id:yakusunohawatashi:20200703082602j:plain

 

なかなか大変でしたが、なんとか刊行にこぎつけることができました。

よろしくお願いいたします。

 

『「世界文学」はつくられる――1827-2020』詳細目次

今週刊行されます 『「世界文学」はつくられる――1827-2020』(東京大学出版会)の詳細目次を公開します。

 

凡例

 

序章 「世界文学」とはなにか――ヴェルトリテラトゥーアの野望 1827-2019

 1 ワイマールの邸宅で  

 2 ゲーテのまねびによって

 3 「世界文学全集」というカノン  

 4 新しい「世界文学」研究  

 5 各章の内容

 

第Ⅰ部 本邦、「世界文学」事始め

 

第1章 パラダイムを輸入する――モウルトンの「世界文学」論とその影響 1890―1952

 1 術語としての「世界文学」  

 2 「大文学」を求めて  

 3 宗教者モウルトン 

 4 教育者モウルトン

 5 高等教育の民主化にむけて  

 6 土居光知――「世界文学」を読む場所  

 7 垣内松三の「世界文学アンソロジー」 

 8 モウルトンのその後の影響

 

第2章 「世界文学全集」の時代――『ハーヴァード・クラシックス』と円本全集 1909-1932

 1 「世界文学全集」の誕生  

 2 スーパーエディター木村毅

 3 はじめに『ハーヴァード・クラシックス』ありき? 

 4 エリオット博士とリベラル教育

 5 『フランクリン自伝』と帝国主義

 6 『ハーヴァード・クラシックス』と『世界文学全集』

 7 円本版『世界文学全集』  

 8 英国発「エヴリマンズ・ライブラリー」というモデル 

 9 世界文学叢書の時代

  10 「世界文学全集」の定番化へ

 

第3章 「世界文学全集」の光芒――大衆教養主義の興隆と没落減退 1945-2011

 1 この「いい加減」なるもの

 2 新潮社の『現代世界文学全集』と『新版世界文学全集』

 3 フランス文学の黄金時代 

 4 「進歩的」な文学

 5 河出書房のグリーン版『世界文学全集』 

 6 文学全集の米ソ対立?  

 7 大衆教養主義の隆盛  

 8 低年齢化する「世界文学全集」

 9 「世界文学」の衰退、教養主義の没落

 10 もてはやされる「新訳」 

 11 集英社「世界文学全集」とその終わり

 

第Ⅱ部 マルクスの亡霊たち

 

第1章 革命と世界のカタログ化 1918-1925

 1 ゴーリキーと世界文学出版所の設立 

 2 ソ連版「世界文学全集」を立ちあげる

 3 『世界文学出版所カタログ』  

 4 プロパガンダとしての「世界文学」

 5 H・G・ウェルズと出版所のアヴァンチュール

 6 「民衆シリーズ」叢書  

 7 ゴーリキーの東洋観

 8 『世界文学出版所カタログ――東洋編』  

 9 世界文学出版所のセルゲイ・エリセーエフ

 11 物資・資金不足のなかで  

 12 世界文学出版所の終焉

 

第2章 六千万冊の夢――ソヴィエト版「世界文学全集」はいかに鍛えられたか 1967-1977

 1 「世界文学」の夢、ふたたび  

 2 ソヴィエト版「世界文学全集」

 3 『世界文学叢書カタログ』

 4 社会主義リアリズムの桎梏のもとで 

 5 プルーストカフカもない「世界文学」

 6 アクタガワとパナソニック 

 7 アファーマティヴ・アクションの帝国

 8 翻訳の帝国 

 9 ソヴィエト文学の歴史化にむけて

 10 詩の墓標 

 11 ソヴィエト版「世界文学のつくりかた」

 12 「この世でもっとも美しい愛の物語」

 13 「東西」の融和にむけて

 

第3章 世界文学に翻弄された男――東洋学者ニコライ・コンラド 1922-1970

 1 世界文学出版所のニコライ・コンラド  

 2 フォルマリスト・コンラド 

 3 マルキシスト・コンラド

 4 粛清の嵐のなかで 

 5 「世界文学」への道

 6 東洋のルネサンス  

 7 未完のプロジェクト

 8 批判と評価  

 9 コンラドの「世界文学」論を再評価する

 10 普遍のほころび

 

第Ⅲ部 ワールド・リットの普及と変転

 

第1章 「世界文学」の発明――ウィスコンシン、マディソン 1950

 1 一通の「月報」から 

 2 「中西部のある大学」

 3 バックの『世界文学アンソロジー』  

 4 『世界文学教育――会議プロシーディングス』

 5 佐伯彰一が見た「世界文学」

 

第2章 新しい「世界文学」のヒロイン 1954-2004

 1 全米のスタンダード――ノートン版『世界傑作選』

 2 男だけの「世界」  

 3 「世界」への窓

 4 拡張される「世界」

 5 新世紀の「世界文学アンソロジー

 6 「世界文学」はどれぐらい日本文学なのか? 

 7 日本文学の黄金時代?

 8 「世界」の「イチヨー」  

 9 編者ロバート・ライオンズ・ダンリー

 10 訳者ロバート・ライオンズ・ダンリー 

 11 東洋の独自性という神話

 12 「加工」された一葉

 13 精読と「意氣な女(スタイリッシュ・ウーマン)」

 

第3章 全集から部分集合へ、さらなるエディションへと 2004-2018

 1 ハーヴァードのお膝元で 

 2 「世界文学アンソロジー」は悪しきグローバリズムの押しつけか?

 3 ダムロッシュの批判と『ロングマン版世界文学アンソロジー』 

 4 「世界文学アンソロジー」のTCGモデル

 5 ノートン社の刷新 

 6 『ノートン版世界文学アンソロジー』第三版

 7 日本近代文学からアジア近代文学へ 

 8 「久志富佐子」とはだれか

 9 普遍的なもの――教育システム 

 10 「アメリカン・スクール」の脱落

 11 常にあたらしいテク(キ)スト

 

結びにかえて――「世界文学」 いまからはじまる 2020-

 

図版一覧

人名・作品索引

 

 

f:id:yakusunohawatashi:20200703082602j:plain