読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

訳すのは「私」ブログ

書いたもの、訳したもの、いただいたものなど(ときどき記事)

日本文学のなかのナボコフ――誤解と誤訳の伝統

書いたもの ナボコフ

書いた論文が掲載されました。

「日本文学のなかのナボコフ――誤解と誤訳の伝統」『文学』岩波書店、第13巻第4号、127-143頁、2012年7,8月号。

文学 2012年 08月号 [雑誌]

文学 2012年 08月号 [雑誌]

内容は現代日本文学におけるナボコフの受容をあつかったもので、

円城塔「道化師の蝶」
丸谷才一「樹影譚」
大江健三郎『美しいアナベル・リイ』

……などの作品を中心に論じています。


1 円城塔――蝶に導かれて


2 ナボコフ日本上陸とその周辺


3 丸谷才一――「捏造」された「起源」


4 大江健三郎――『ロリータ』を書きかえる


5 『ロリータ』を超えて


(ところで、この論文の注の5の設問がわかるひとはいるかな?)

道化師の蝶

道化師の蝶

樹影譚 (文春文庫)

樹影譚 (文春文庫)

美しいアナベル・リイ (新潮文庫)

美しいアナベル・リイ (新潮文庫)