読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

訳すのは「私」ブログ

書いたもの、訳したもの、いただいたものなど(ときどき記事)

ナボコフの値段⑤:その他編

さて、いままで書簡・原稿・レア本など見てきましたが、そのほかにもオークションにはいろいろ変なものがでています。締めくくりに、そういったヘンテコな出品を見てみましょう。ちなみに、ここであげたのはすべて前回のクリスティーズ・オークションの出品です。こうしてみれば、2011年のオークションが、「在庫一掃セール」だというのがよくわかります。

 

まず、ナボコフの机です。

 

f:id:yakusunohawatashi:20160805183115j:plain

 

晩年、ナボコフは立って執筆をおこなうことが多かったようです(あるいはベッドに寝転んで)。これはその机で、愛用の辞書ウェブスター第二版とのセットです。

 

これが3800~5300ドル。

 

ナボコフと言えば蝶。

 

f:id:yakusunohawatashi:20160805183143j:plain

 

その愛用の補虫網も出品されています。

4600~6000ドルとのこと。これが予想最高額商品でした。

なお、おそらく現在はコーネル大学にあるはずです。

 

 

蝶のほかに、ナボコフのもうひとつの紋章と言えばチェスです。

ナボコフ愛用の携帯チェス盤も出品されています。

 

f:id:yakusunohawatashi:20160805183211j:plain

 携帯チェスセットのセットです。おそらく、プロブレムを作る際にもこれを使ったのでしょう。こちらは610~900ドル。

 

 

さらに、こんなものまで。

 

f:id:yakusunohawatashi:20160805183243j:plain

 

ナボコフの愛用の蝶モチーフの鉛筆削りにペーパークリップ。

 310~450ドルとのことです。

 

次はナボコフ愛用の鉛筆。

 

f:id:yakusunohawatashi:20160805183303j:plain

 

鉛筆のお尻に注目。消しゴムがついています。この消しゴムが鉛筆に比べてすぐなくなってしまうことをインタヴューで嘆いていますが、何本かの鉛筆には消しゴムのキャップ?がついていますね。鉛筆入れの箱もおもしろいです。これは「仙台平」で、宮城の名産の紬のようですが、なぜナボコフが持っていたのか。箱には蝶の落書きが見えます。

 

 

 

さらに、ナボコフの愛用の老眼鏡まであります。

 

f:id:yakusunohawatashi:20160805183318j:plain

 

 1100~1500ドルとのこと。

 

f:id:yakusunohawatashi:20160808141344j:plain

f:id:yakusunohawatashi:20160808141347j:plain

 

渡米後の写真ではリーディング・グラスをつけていることが多いですね。

 

ほかにもタイプライターや豪華なチェスセット、ロリータの眼鏡なんかも出品されています。

みんな買い手はついたのでしょうか? しかしさすがに研究者でもいらんな、と思うものも多いですね。鉛筆はともかく眼鏡があっても??

 

ナボコフの値段⑤:レア本編④

つづきです。

 

前回紹介したタヤンのオークションは、ナボコフ関係の二回目にして最後の大規模 オークションとうたわれていました。

 

しかし、その6年後、2011年6月13日に、クリスティーズの "Fine Printed Books and Manuscripts"でナボコフ関係の大量出品がおこなわれました。

 

f:id:yakusunohawatashi:20160806155402j:plain

 

これももちろん、息子ドミトリイが出品したものでした。

わずか6年間ですが、ずいぶん「お買い得」な印象。

一番高額な署名贈呈本で『ナボコフの塊』の3800~5300ドルです。

 

ほかにもたとえば、

 

f:id:yakusunohawatashi:20110630124920j:plain

 

前回も紹介した『キング、クイーン、ジャック』英訳版の献辞付き初版本ですが、今回も出品されています。

ホロヴィツのカタログで22500ドル、タハンで25000~30000ユーロだったのが、3100~4500ドルになっています。

 

f:id:yakusunohawatashi:20160730025102j:plain

 

 

上の絵がついたナボコフの『賜物』英語版初版の署名入り献本は、

1999年のホロヴィッツだと40000ドルですが、2005年のオークションだと25000~30000ユーロになっていたのが、2011年のクリスティーズでは、3100~4500ドルに!

 

 つまり、このオークションはドミトリイによる「在庫一掃セール」だったようなのです。

 

それは出展されたほかの商品を見るとよくわかります。(つづく)

ナボコフの値段⑤:レア本編③

ナボコフ

前回からだいぶあいてしまいました。

さらにつづきです。

 

1999年のホロヴィッツによるカタログによる販売のあと、もっとも大規模な販売が、タヤンがとりしきった、ジュネーヴのホテル・デス・ベルゲスでおこなわれたオークションです。

 

f:id:yakusunohawatashi:20160623030112j:plain

 

ここに出展されているのは、前回がヴェラに献じられた自著本だったのに対して、息子ドミトリイに献じられたナボコフの本です。

 

注文方式ではないので、オークショニアが事前につけた仮の金額でしかないですが、

最高落札予想金額が80000~100000ユーロで、『アーダ』、『ロリータ』、『詩とプロブレム』の初版署名本です。

 

 さらに、1999年のカタログ販売と同じ本も出品されています。

これは6年前に売れなかったのかものの公算が強いように感じます。

 

たとえば

 

f:id:yakusunohawatashi:20160730025102j:plain

 

 上の絵がついたナボコフの『賜物』英語版初版の署名入り献本は、

1999年のホロヴィッツだと40000ドルですが、2005年のオークションだと25000~30000ユーロになっています。

 

f:id:yakusunohawatashi:20110630124920j:plain

 

こちらは『キング、クイーン、ジャック』英訳版の献辞付き初版本ですが、

ホロヴィツのカタログで22500ドル、タハンで25000~30000ユーロですね。

 

ほかにも『カメラ・オブスクーラ』のロシア語版献辞付き初版本が、

ホロヴィッツ(lot29)だと35000ドル、タハン(lot34)だと25000~30000ユーロ。

 

ホロヴィッツのカタログの商品はけっこう売れ残った?のと、

この時点ではあまり価格の変動はなさそうなのがわかります。

 

一番気になる出品は44番の1959年の河出書房刊の日本語版『ロリータ』初版にナボコフが蝶の絵とサインをしたもの。これは東郷青児が装画を描いた二巻本で、ナボコフと青児のコラボになっています。蝶も日本の種のようです。

 

f:id:yakusunohawatashi:20160805173232j:plain

 

さらに続きます・・・

チャールズ・M・シュルツ、谷川俊太郎、今井亮一、井出幸亮『スヌーピーのひみつ A to Z』新潮社

いただきもの

今井亮一さんから訳書をご恵投いただきました。

 

スヌーピーのひみつ A to Z』――書名どおり、スヌーピーにまつわるすべてを

AからZまで項目別に編集したものになっています。

 

 

漫画だけでなく、写真・図版多数の楽しい本です。

 

今井さん、どうもありがとうございました。

沼野充義編、高橋知之編集協力『ドストエフスキー ポケットマスターピース10』集英社文庫ヘリテージシリーズ

いただきもの

高橋知之さんから共訳書をいただきました。

 

沼野充義編、高橋知之編集協力『ドストエフスキー ポケットマスターピース10』集英社文庫ヘリテージシリーズ

 

 

「四大長編の読みどころ」から、詳細な解題や文献一覧、年譜までついていますので、

 初心者から専門家までじっくり楽しめる内容だと思います。

 

高橋さん、どうもありがとうございました。

フランコ・モレッティ『遠読――<世界文学システム>への挑戦』みすず書房⑧:書評まとめ

遠読 訳した本 書評

ありがたいことに、モレッティ『遠読』の書評をいくつかいただいております。

 

ほかにも発見次第、このエントリに随時追加していきます。

 

 

7月10日 円城塔さん書評(『朝日新聞』)

 モレッティは本書を、文学の変化とは隣の地域へと新たな形式が広がっていく「進化的」な過程であるとする論文ではじめる。九〇年代から二〇一〇年 代に発表した論文計十編が収録されており、統計的な処理を通して文学を考えるという一つのジャンルの立ち上げを見ることができる。[中略〕科学の言葉であらゆることを押しきるのは横暴だが、便利な道具の利用を禁じるのは馬鹿げたことだ。

 

www.asahi.com

7月17日 鴻巣友季子さん書評(『毎日新聞』)

 

本書を深く理解し読者に伝えながら、同時に鋭い批判も放っている訳注やあとがきも示唆に富む。翻訳はつねに批評だと思い知る。

 

http://mainichi.jp/articles/20160717/ddm/015/070/004000c

 

(なぜか埋め込みできず)

 

 

8月6日 武田将明先生書評(『新潮』2016年9月号、260―261頁)

 

モレッティほどの研究者が、あえてこのような研究に挑戦していることの意義を過小評価してはならない。デジタル時代に批評を志す者ならば、一度は手に取らないといけない書物である。

 

www.shinchosha.co.jp

 

8月7日 牧原出先生書評(『読売新聞』)

 

著者の意図はこうだ。ごく少数の「名作」にのみ焦点を当てた「精読」による解釈には偏向が紛れているのではないか。読まれざる作品が仮に凡作だとしても、それを含めて世界文学の「一般的」な構造とは何か、それはどう進化して現在に至ったのか明らかにすべきではないか。

www.yomiuri.co.jp

 

 

 

比較して読んでみるのも一興かと思います。

 

 

 

 

 

『ナボコフの塊ーーエッセイ集1921-1975』作品社⑧:正誤表

ナボコフ 訂正
ナボコフの塊――エッセイ集1921―1975』のほうも、正誤表をあげておきます。
 
(まちがいが見つかり次第、順次更新します。)
 
 
 
401頁 誤「自らが新種を認定した蝶」→正「自らが新亜種として認定した蝶」
 
401頁 誤「なお、この蝶は、現在はNab(ナボコフ)ではなく、〔中略〕と呼ばれている。」→正「現在は、ナボコフがはじめ命名した Lycaeides argyrognomon sublivens ではなく、〔中略〕と呼ばれている。独立種として、Plebejus (Lycaeides) sublivens とされることもある。」
 
402頁 誤 "The Female of Lycaeides Argyrognomon Sublivens"→正 "The Female of Lycaeides argyrognomon sublivens"
 
416頁 誤 『ヴェラとの書簡集』(妻との往復書簡集)→正『ヴェラへの手紙』(妻あての書簡集)