訳すのは「私」ブログ

書いたもの、訳したもの、いただいたものなど(ときどき記事)

[書評]Duncan White, Nabokov and His Books: Between Late Modernism and the Literary Marketplace

日本ナボコフ協会の会誌『KRUG』の11号に、書評を寄稿しました。

 

[書評]Duncan White, Nabokov and His Books: Between Late Modernism and the Literary Marketplace Krug』11号、2018年、85-88頁。

 

ダンカン・ホワイトの本は、拙著と扱っているテーマも近いのですが、刊行時期が最近過ぎてあまり本の中には議論をとりこめませんでした。そのこともあって、書評を書かせていただきました。

 

 

 

f:id:yakusunohawatashi:20181201235617j:plain

 

『KRUG』11号の目次はこちら。

The Nabokov Society of Japan

 

昨年にひきつづき編集を担当しました。

今号には、森慎一郎先生による、拙著『アメリカのナボコフ』の書評も載っています。私のナボコフ研究者としての歩みに言及した、とてもありがたい書評でした。どうもありがとうございます。

 

『KRUG』はバックナンバーふくめ、非会員も、以下のページから購入可能なので、興味がある方はどうぞ。

 

The Nabokov Society of Japan

 

アンソロジーのなかのナボコフ⑫The Dream Adventure. New York: Orion Press,1963.

今回紹介するアンソロジーは、

Roger Caillois, ed., The Dream Adventure. New York: Orion Press,1963.

です。

 

f:id:yakusunohawatashi:20181111084204j:plain

 

編者はロジェ・カイオワ

 

f:id:yakusunohawatashi:20181111084233j:plain

f:id:yakusunohawatashi:20181111084248j:plain

 

目次は以下のとおりです。

The dream of the Duke of Chin / Tso-chʻiu Ming
King Mu of Chou ; The country of Ku Mang and others ; Mr. Yin and his servant ; Whose deer was it? / Lieh Tzu
Chuang Chou and the butterfly / Chuang Tzu
The magic pillow / Shen Chi-chi
Governor of the southern branch / Li Kung-tso

The three dreams / Po Hsing-chien
A strange dream / Shen Ya-chih
The second visit to the red cliff / Su Shih
The painted wall ; A scholar of Feng-Yang ; Wu Chʻiu-yueh / Pʻu Sung-ling
One Pao-yü dreams of visiting another Pao-yü / Tsʻao, Hsueh-chʻin. Tale of Aristomenes / Apuleius
The gardens of Alamut / Marco Polo
The vision of Charles XI / Prosper Mérimée
A tale of the ragged mountains / Edgar Allan Poe
The dead leman / Théophile Gautier
An occurrence at Owl Creek Bridge / Ambrose Bierce
The dream of doctor Mišić / Ksaver Sandor Gjalski
The holes in the mask / Jean Lorrain
The brushwood boy / Rudyard Kipling
The door in the wall / H.G. Wells
Phantas / Oliver Onions
Lord Mountdrago / William Somerset Maugham
The visit to the museum / Vladimir Nabokov
Pale blue nightgown / Louis Golding
Wild surmise / Henry Kuttner and Catherine L. Moore
The dream that was violated / Luisa Mercedes Levinson
Everything and nothing / Jorge Luis Borges
The distances / Julio Cortazar
The epistemology of the dream / Bernard Groethuysen

 

ラインアップはかなり独特です。ホルヘ・ルイス・ボルヘスサマセット・モーム、フリオ・コルタサルラドヤード・キプリングH・G・ウェルズアンブローズ・ビアスエドガー・アラン・ポー、プロスペール・メリメ、テオドール・ゴーチェなどといった作家にくわえ、マルコ・ポーロアプレイウス、中国の詩人や作家、左丘明、列子荘子、蘇軾、白行簡などがはいっているのが目を引きます。

 

なかでも荘子の「胡蝶の夢」がはいっているのはおどろきです。

なお、ナボコフとこの伝説とのかかわりについては、以前論じました。

 

 

 

 ナボコフの作品は初期のロシア語作品(の英訳)「博物館への訪問」が収録されています。この作品の英訳は『エスクァイア』1963年3月1日号が初出なので、おそらくナボコフは同時並行的にこの作品を雑誌とアンソロジーに売却したことになるでしょう。

 

classic.esquire.com

 

アンソロジーのなかのナボコフ⑪The Secret Life of our Times: New Fiction from Esquire, New York: Double Day,1973.

今回の「アンソロジーのなかのナボコフ」で紹介するのは、Gordon Lish ed.,  The Secret Life of our Times: New Fiction from Esquire, New York: Double Day,1973です。

 

このアンソロジーは、かの有名なゴードン・リッシュ編集によるものでした。

 

「キャプテン・フィクション」として『エスクァイア』誌で辣腕をふるった編集者のゴードン・リッシュは、レイモンド・カーヴァーとの関係でつとに有名です。

 

まだ駆け出し時代のカーヴァーを見いだし、掲載に当たってその原稿を切り刻んで、ヘヴィー・エディティングしたことで有名です。

詳しくはD・T・マックス「誰がレイモンド・カーヴァーの小説を書いたのか?」を参照してください。

 

 

 

キャロル・スクレナカのカーヴァーの伝記でも、リッシュとの関係はひとつの主題になっていました。

 

 

この本にはナボコフとリッシュの関係もでてきます。

 

さて、リッシュによるアンソロジーの序文を見てみましょう。

It is my head to use this space to display the sort of fellow I am. Know me, know my stories just about does it for the notion I have. For I am the customer who picked these stories, who picked them twice--who gathered them, first, from among the thousands of mauscripts that pass through Esquire and, second, from among the much smaller number that achieved print in my time on the job.

編者とは思えない、ものすごい自己顕示欲ですね!

f:id:yakusunohawatashi:20181031203349j:plain

f:id:yakusunohawatashi:20181031203413j:plain

 

目次は以下のようになっています。

Foreword / Gordon Lish
Introduction / Tom Wolfe
Lady / Bruce Jay Friedman
The warrior / William Harrison
Neighbors / Raymond Carver
Men against the sea / Alan V. Hewat
In the men's room of the sixteenth century / Don DeLillo
I am Elijah Thrush / James Purdy
Dealer / David Kranes
The lover / Joy Williams
Mr. Steal / James S. Reinbold
Wednesday / Joyce Carol Oates
The letter / Bernard Malamud
In Utica / Jerry Bumpus
Blacaman the good, vendor of miracles / Gabriel Garcia Marquez
Eight meetings / Thomas Bontly
A Russian beauty / Vladimir Nabokov
The interrogation of the prisoner Bung by Mister Hawkins and Sergeant Tree / David Huddle
Shorelines / Joy Williams
Family portrait / James S. Reinbold
The widow Ching, lady pirate / Jorge Luis Borges
Facing the forests / A.B. Yehoshua
The lost chapters of trout fishing in America / Richard Brautigan
The header, the rigger, the captain / Earl Thompson
Dunyazadiad / John Barth
Some moldenke / David Ohle
The temptation of St. Ivo / John Gardner
A sorrowful woman / Gail Godwin
Note: what I think pudding says / John Deck
The song of Grendel / John Gardner
A great feeling / Michael Rogers
Eating it / William Harrison
A snag in the harp / Robert Ullian
What is it? / Raymond Carver
Almost in Iowa / John Irving
Room temperature / Raymond Kennedy
The sex maniac / Hilma Wolitzer
The great western civilization caper / Sybil Claiborne

レイモンド・カーヴァーが二作も入っているのが気になります。

ほかには、ドン・デリーロリチャード・ブローティガンジョン・バースと言った若い層の作家が目を惹きます。

なお、ナボコフ超短編「ロシア美人」を収録しています。

 

 ちなみに、この本については、かのコシンスキーが書評を書いています。

 

www.nytimes.com

好意的な書評ですが、ナボコフについての言及はありませんでした。

 

なお、リッシュは『エスクァイア』に載った作品で、もう一冊同じようなアンソロジーを出しています。

 

Lish, Gordon (ed.) All Our Secrets are the Same: New fiction from Esquire. Norton (1976)

 

www.abebooks.com

Saying good-bye to the president / Robley Wilson, Jr. --

False lights / Gail Godwin --

Horse Badorties goes out / William Kotzwinkle --

Summer tidings / James Purdy --

Usurpation : other people's stories / Cynthia Ozick --

Do not worry about the bear / Michael Rogers --

Preparation for a collie / Joy Williams --

Let the old dead make room for the young dead / Milan Kundera --

In the oasis room / James S. Reinbold --

Norwegians / Patricia Zelver --

The blind side / Bruce Jay Friedman --

A game without children / Rick De Marinis --

Quadberry / Barry Hannah --

The baby's second story / Jonathan Baumbach --

Ball / Sam Koperwas --

Trophies / Hilma Wolitzer --

The consolations of philosophy / John L'Heureux --

The leaves, the lion-fish, and the bear / John Cheever --

The immense walk of the late-season traveler / Tom Cole --

The trouble with being food / Frederick Busch --

Bloodshed / Cynthia Ozick --

Collectors / Raymond Carver --

Heart of a champion / T. Coraghessan Boyle --

Paco and I at sea / James Thomas --

The long-distance runner / Grace Paley --

Down the blue hole / William Harrison --

His son, in his arms, in light, aloft / Harold Brodkey --

Cartography / James S. Reinbold --

Crossed in love by her eyes / Jonathan Baumbach --

The barber / Robert Nye --

Behold the crazy hours of the hard-loving wife / Hilma Wolitzer --

Behold the husband in his perfect agony / Barry Hannah --

Winner in all things / Sam Koperwas --

My animal / Sanford Chernoff --

Return to return / Barry Hannah --

Showdown at great hole / Don De Lillo --

Growing old / Jonathan Baumbach.

 

 

 

 

Loren Goodman, Non-existent Facts, otata's bookshelf, 2018.

友人のローレン・グッドマンから新著をもらいました。

 

Loren Goodman, Non-existent Facts, otata's bookshelf, 2018.

 

一編訳してみました。世界最速の翻訳です。

別の有名なアーチャーのスイス人、

アブラハム・テルは、息子のイサクの頭から

弓矢でリンゴを射落としたらしい――

当時の天使たちの考えを変えるのに失敗した罰を逃れるために。

ほんとうのスイスの愛国者は、こどもを生命の危険に曝すところまで行った!

 p. 15

 

 

f:id:yakusunohawatashi:20181026112640j:plain

 

www.lulu.com

 前の詩集Famous Americansはすごくおもしろかったので、新しい詩集も読むのが楽しみです。

 

 

 

ありがとう、ローレン!

アンソロジーのなかのナボコフ⑩The Contemporary Writer: Interviews with Sixteen Novelists and Poets, Madison: The University of Wisconsin Press, 1972.

今回紹介するのはインタヴュー集です。

L. S. Dembo and Cyrena N. Pondrom, The Contemporary Writer: Interviews with Sixteen Novelists and Poets, Madison: The University of Wisconsin Press, 1972.

 

編者のデンボはウィスコンシン大学の教授でContemporary Writerの編集に尽力した人物でした。

L. S. Dembo, a scholar of modernist poetry, became editor of the journal in 1966 and shortened its title two years later. During his twenty-four years as editor, Dembo’s dedication to all that is exciting in modern and contemporary literature helped the journal to attain the international readership and large subscription base that he and the associate editors (Cyrena N. Pondrom, Betsy Draine, Phillip Herring, Jay Clayton, and Thomas Schaub) sought for it.

Cyrena N. Pondrom – University of Wisconsin Press Blog

 

f:id:yakusunohawatashi:20181024222428j:plain

 

 

Barth and Hawkes emphasizes the imaginative world, but their fiction often has a realistic point of departure; Sundman remains chiefly a realist; Singer emphasizes the real world but hints at a "miraculous" one beyond it; Nabokov and Borges are caught up in artifices and imaginative patterns.

p. xx. "Introduction" L. S. D., C. N. P.

デンボは1967年にはナボコフについての論集も編集しています。

www.amazon.com

 

Introduction

 

NOVELISTS

 

John Hawkes

John Barth

Saul Bellow

Vladimir Nabokov

Isaac Bashevis Singer

Jorge Luis Borges

Sara Lidman

Per Olof Sundman

 

POETS

James Merrill

Kenneth Rexroth

George Oppen

Carl Rakosi

Charles Reznikoff

Louis Zukofsky

Gwendolyn Brooks

George Barker

 

Calendar of Interviews

Index

 

 インタヴュー自体は1966年9月25-29日にアペル・ジュニアによっておこなわれ、

Contemporary Literature, vol 8.(2) Spring 1967 に掲載されたもののようです。

 

アンソロジーのなかのナボコフ⑨The Twelfth Anniversary Playboy Reader, Chicago: Playboy Press, 1965.

今回紹介するアンソロジー

Hugh M. Hefner ed., The Twelfth Anniversary Playboy Reader, Chicago: Playboy Press, 1965.

です。

Aspects of Loveにつづいて、また『プレイボーイ』ものですね。

『プレイボーイ』20周年を記念して出たもののようです。

 

f:id:yakusunohawatashi:20181019011020p:plain

 

f:id:yakusunohawatashi:20181018234052j:plain

亡くなった編集者のA・C・スペクトースキーに捧げられています。

編者は創刊者のヒュー・ヘフナー

序文でこう書いています。

 

Reliving those years as I pondered past issues in deciding on the final table of contents for this anthology of the best writing we have published, I recalled the magazine's earlist begginings, and gave thought to the unorthodox way in which, almost by inadvertence, we attained our present pre-eminence. I say unorthodox because it was my beliefthen--and it still is--that editing a magazine should ideally be a very personal matter, in that one's own taste and judgment should be the primary criteria of content, rather than the traditional procedure of trying to second-guess the preferences of a preconceived audience whose approbation must be won. p. viii.

 

Thus, you will find in these pages a variety of "entertainments," ranging from a James Bond thriller by Ian Fleming to Henry Miller's clarion blast against censorship, from Vladimir Nabokov's penetrating views on literature and life to a sensitive and haunting love story by Herbert Gold.... p. ix.

 

 

f:id:yakusunohawatashi:20181019001740j:plain

目次は相当変です。

 

f:id:yakusunohawatashi:20181019001801j:plain

 

f:id:yakusunohawatashi:20181019001847j:plain

 

f:id:yakusunohawatashi:20181019001827j:plain

上のように、順番ではなく、コンテンツ順に並んでいるので、わかりづらい(笑)。

 

収録されている名前は、ヘンリー・ミラー、ジェイムズ・ゴールドウィン、D・H・ロレンス、オルダス・ハクスリー、アーネスト・ヘイングウェイ、ヴァンス・パッカード、バーナド・マラマッド、ハーバート・ゴールド、ウィリアム・サローヤンアーウィン・ショー、アルベルト・モラヴィア、ロマン・ガリフィリップ・ロス、ネルソン・オルグレン、ジェイムズ・ジョーンズ、グレアム・グリーンフレドリック・ブラウンアーサー・C・クラークレイ・ブラッドベリイアン・フレミングロレンス・ダレルジョン・スタインベック、P・G・ウッドハウスジェイムズ・サーバージーン・シェファード、カール・サンドバーグ、エヴゲーニイ・エフトシェンコなどなど。

 

インタヴューから短編小説、詩、SFなどジャンルは多彩で、『プレイボーイ』に掲載したものの傑作選みたいな感じです。

 

ナボコフはアルベルト・シュヴァイツァーアート・バックウォルドマーティン・ルーサー・キングとならんでインタヴューが収録されています。1964年1月号に掲載されたインタヴューの再録です。