訳すのは「私」ブログ

書いたもの、訳したもの、いただいたものなど(ときどき記事)

オルハン・パムク『赤い髪の女』宮下遼訳、早川書房

訳者の宮下遼先生からご恵投賜りました。どうもありがとうございます。

 

オルハン・パムク『赤い髪の女』宮下遼訳、早川書房

 

www.hayakawabooks.com

パムクの最新作ということで、拝読するのが楽しみです。

ありがとうございました。

 

 

杉野健太郎編『アメリカ文学と映画』三修社

貞廣真紀先生よりご共著書をご恵投いただきました。

誠にありがとうございました。

 

ジェイムズ・フェニモア・クーパー『モヒカン族の最後』1826
1 崖の上のアリス
モヒカン族の最後』とその映画的表象
川本 徹

ナサニエル・ホーソーン『緋文字』1850
2 ヴェンダースアメリカ古典文学に挑む
ヴィム・ヴェンダース監督『緋文字』
藤吉 清次郎

ハーマン・メルヴィル『白鯨』1851
3 ニューディールリベラリズムの遺産と反メロドラマの想像力
ジョン・ヒューストン監督『白鯨』
貞廣 真紀

マーク・トウェインハックルベリー・フィンの冒険』1885
4 『ハックルベリー・フィンの冒険』の映画史
辻 和彦

ヘンリー・ジェイムズ『鳩の翼』1902
5 リアリズム、ロマンスとモダニティ
イアン・ソフトリー監督『鳩の翼』論
堤 千佳子

イーディス・ウォートン『無垢の時代』1920
6 抑圧された<感情>のドラマ
マーティン・スコセッシ監督『エイジ・オブ・イノセンス
新井 景子

シオドア・ドライサー『アメリカの悲劇』1925
7 小説的社会と映画的世界
アメリカの悲劇』、エイゼンシュテイン、『陽のあたる場所』
小林 久美子

F・スコット・フィッツジェラルドグレート・ギャツビー』1925
8 モダン/ポストモダンな『グレート・ギャツビー
バズ・ラーマン監督『華麗なるギャツビー
杉野 健太郎

リリアン・ヘルマン『子供の時間』1934
9 ひとりで歩く女
ウィリアム・ワイラー監督『噂の二人』
相原 直美

ジョン・スタインベック怒りの葡萄』1939
10 アメリカ大衆文化における民衆の想像力
ジョン・フォード監督『怒りの葡萄
中垣 恒太郎

テネシー・ウィリアムズ欲望という名の電車』1947
11 プロダクション・コードを抜けて
エリア・カザン監督『欲望という名の電車』の軌道を辿る
山野 敬士

レイモンド・チャンドラー『長いお別れ』1953
12 裏切りの物語
『長いお別れ』と『ロング・グッドバイ
諏訪部 浩一

フィリップ・K・ディックアンドロイドは電気羊の夢を見るか』? 1968
13 ユダヤ人/黒人の表象としてのレプリカント
アンドロイドは電気羊の夢を見るか』?と『ブレードランナー
大地 真介

カポーティ『冷血』1967と『カポーティ』2005
14 そのまなざしを受けとめるのは誰なのか
『冷血』と『カポーティ
越智 博美

アリス・ウォーカー『カラーパープル』1982
15 覇権調整のシネマトグラフィ
スティーヴン・スピルバーグ監督『カラーパープル
宮本 敬子

フィリップ・ロス『ヒューマン・ステイン』2000
16 ミスキャストの謎を追って
ロバート・ベントン監督『白いカラス
相原 優子

コーマック・マッカーシー『血と暴力の国』2005
17 コーマック・マッカーシーの小説とコーエン兄弟の映画の対話的関係の構築をめぐって
ノーカントリー』における「暴力」と「死」の映像詩学
山口 和彦

映画用語集
文献案内
執筆者一覧

 

www.sanshusha.co.jp

 

 

 

 

同じシリーズの「イギリス文学編」はこちら。

yakusunohawatashi.hatenablog.com

 

『世界文学アンソロジーーーいまからはじめる』(三省堂)書評まとめ

このエントリに『世界文学アンソロジーーーいまからはじめる』(三省堂)の書評をまとめさせていただきます。評をお寄せくださり、どうもありがとうございました。

 

波戸岡景太先生週刊読書人』11月1日号

かくしてこの刺激的かつ周到なアンソロジーは、私の中のほこりくさい世界文学ノスタルジーを破壊した。[…]このアンソロジーをきっかけに、私たちはまた、次世代の『世界文学全集』を夢見てしまう。

 

野崎歓先生『英語教育』2019年12月号

 「いまからはじめる」の副題にそぐわぬポジティヴな刺激に満ちたアンソロジーである。

 

 

 

 

日本比較文学会2019年度東北大会@福島大学

11月16日(土)、日本比較文学会東北支部の大会でお話しさせていただきます。

よろしくお願いいたします。

 

くわしくはこちら↓

jcla-tohoku.hatenadiary.jp

中山悟視編著『ヒッピー世代の先覚者たち――対抗文化とアメリカの伝統』小鳥遊書房

貞廣先生より共著書をご恵投賜りました。どうもありがとうございます。

 

中山悟視編著『ヒッピー世代の先覚者たち――対抗文化とアメリカの伝統』小鳥遊書房

以下のような構成になっています。

 

序章(中山悟視)

第Ⅰ部:反逆と文学、反逆の文学

1章.超越主義の伝統と音楽的身体の共振――『オン・ザ・ロード』からソローへ(小椋道晃)
2章.エマソンとヒッピーとの共振点――反権威主義と信仰(亀山博之)
3章.<文化>への不満としてのポー――南部、ケルトアメリカ文学史の形成(貞廣真紀)
4章.「壁に掛けられない絵」から「出版できない真実」へ――ヘミングウェイで測る対抗と主流の距離(大森昭生)
5章.流れと対抗――ヘンリー・ミラーの「エンカウンター」という試み(井出達郎)
6章.ウィリアム・サローヤンとヒッピー文化――「美しい白い馬の夏」を読む(舌津智之)
7章.ヒッピーと笑い――ヴォネガットが愛したドタバタ喜劇(中山悟視)

第Ⅱ部:抵抗とメディア、抵抗のメディア

8章.ウッドストック世代のロックとその先輩たち(村上東)
9章.エルビス・プレスリーの文化的定位(飯田清志)
10章.デッド・エンド、バッド・シーズ――『ボディ・スナッチャー/恐怖の街』と対抗文化の政治学(塚田幸光)
11章.ソロー・リバイバルと対抗文化の作法――アメリカ精神文化の想像力(中垣恒太郎)
12章.ナット・ターナーは再復活されうるか?――ネイト・パーカーの『バース・オブ・ネイション』を巡る騒動とその顛末(白川恵子)

継承されるヒッピー文化

終章:ニルヴァーナバーニングマン――ヒッピー世代の後輩としてのふたりの二一世紀作家の振る舞い(藤井光)

 

しかし藤井光氏は翻訳だけでなく、よく書きますね。しかもほとんどの共著書でとりをかざっていますね。

 

tkns-shobou.co.jp

 

 

トーマス・ベルンハルト『アムラス』初見基・飯島雄太郎訳、河出書房新社

トーマス・ベルンハルト『アムラス』初見基・飯島雄太郎訳、河出書房新社

 

訳者の飯島雄太郎さんからご恵投たまわりました。どうもありがとうございます。

 

W・G・ゼーバルトを読んでいたとき、影響をうけたというオーストリアの作家、ベルンハルトも気になったことを思い出しました。

 

どうしてぼくたちは、まだ生きなければならないのか。死病にかかった母のための一家心中未遂で父母を失い、塔に幽閉された兄弟の静謐なる惨劇『アムラス』、ウィーンの街を散歩しながらエーラーは発狂した友人についてえんえんと語り続ける。軽快にして暗澹たるスラップスティック『行く』。深淵を通り、深淵のなかへつきすすむトーマス・ベルンハルトのおそるべき傑作。

 

www.kawade.co.jp

 

 

松本朗編集責任・岩田美喜・秦邦生・木下誠共編『イギリス文学と映画』三修社

武田将明先生からご恵投たまわりました。武田先生、どうもありがとうございます。

大変豪華な執筆陣になっております。

 

www.sanshusha.co.jp

三修社は最近さかんに英米物の文学研究書をだしていますね。

三修社と言えばドイツ語、というイメージが強いので、意外なことですが。