読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

訳すのは「私」ブログ

書いたもの、訳したもの、いただいたものなど(ときどき記事)

研究ノート:ロスト・イン・ミストランスレーション:ケネス・レクスロスの擬翻訳『摩利支子の愛の歌』をめぐって

書いたもの

以前書いた論文ですが、ここにあげるのを忘れていました。

今回、雑誌の最新号が刊行された都合で、電子版がレポジトリで読めるようになったので、エントリとしてあげておきます。

 

「ロスト・イン・ミストランスレーション:ケネス・レクスロスの擬翻訳『摩利支子の愛の歌』をめぐって」『れにくさ』5巻2号、2014年、397-411頁。
 
 
PDFはこちらからどうぞ。
 
 
アメリカのモダニスト詩人レクスロスによる、謎の日本人詩人摩利支子の「翻訳」をとりあげております。
 
(ちなみに、論文ではなく「研究ノート」にしてみたのは、内容もそうですが、
一度研究ノートを書いてみたかったから、というのがあります。なんかかっこいい気がして)
 
 
 
ちなみに論考のタイトルは友人の詩人ローレン・グッドマンがつけてくれました。
 
なお、この号の『れにくさ』は「柴田元幸教授退官記念号」で、
三巻組の大ヴォリューム、豪華執筆陣になっております。
 
こちらから無料ですべて読めますので、関心のある方はごらんください。
CiNiiの検索結果にとびます。本来ならリポジトリのリンクを貼るべきですが、貼り方がわからなかった・・・)
 

http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/59254/1/reny005322.pdf

ここに柴田先生の業績リスト(長い!)がありますけど、

自分が編集者なら書評集とか作ってみようとするでしょうね。