訳すのは「私」ブログ

書いたもの、訳したもの、いただいたものなど(ときどき記事)

『「世界文学」はつくられる――1827-2020』書評まとめ

拙著 『「世界文学」はつくられる――1827-2020』(東京大学出版会)にいただいた書評をまとめています。どうもありがとうございました。(随時追記します。)

 

小谷野敦先生『週刊読書人』2020年8月21日号 「この無機質な書籍の功徳 文学は少数派のものであり、教育や商業主義に馴染まないもの」

米国で使われるノートン版アンソロジーの、授業を進めるための懇切丁寧なマニュアルを紹介されると、文学というの は個々人が関心を持ち自分で探して読んでいくものだという原点に気づく。福田恆存が「一匹と九十九匹と」で言った ように、文学は少数派のものであり、そもそも教育や商業主義に馴染まないものだということに気づかされるのが、こ の無機質な書籍の功徳であろう。

dokushojin.com

 

加藤百合先生『日本経済新聞』2020年8月22日 「「カノン」の成立 精細に再現」

各部において、明治以来の日本、革命後のソ連、そして大戦後の北米、それぞれ、誰がいかなる意思と時代の制約のもとに『世界文学全集』を編んだのか、その過程を証言を積み上げ精細に再現してゆく。この三国の内情の比較を本格的に行えるのはいま著者を措(お)いていない。

 

www.nikkei.com

 

苅部直先生『読売新聞』8月30日 「再編成される「名作」」

 

「世界」が共有すべきすぐれた文学作品とは何か。その基準を考え、「名作」を選び出す営みが、政治や社会の秩序を維持し、あるいは再編成する動きに関わってゆく。本書が投げかけるのは、異なる言語の文学を理解する方法とともに、文学をめぐる広い意味での政治に関する問いにほかならない。

 

岡和田晃先生『図書新聞』3469号、2020年10月31日、2頁。

本書は、「世界文学」の成立させる”大人の事情”を丸裸にした本だが、にもかかわらず”大人の事情”を転覆させることへの期待をも、読者に抱かせる特異な一冊だ。